Happiest Holidays

世界のディズニーパークを楽しもう!

アウラニ2022(8. やっぱりウルカフェでしょ)

こんばんは、ねこたろうです。アウラニひとり旅、今日はなんだかんだ一番利用したウルカフェのお話です。

 

アウラニリゾートの1階にある、カウンターサービス兼コンビニのようなお店がウルカフェです。朝から夜まで開いているし、食べる量をコントロールしやすいし、やっぱりウルカフェだよね、という感じ。今回はお部屋からの眺めがよかったことも、ここに偏った原因かも。買ってきたものベランダに並べて、景色を眺めながらのんびりと食事をとるのが、とっても心地よかったんです。

 

滞在期間が長い場合は、リフィルマグがおすすめです。リゾート内にある炭酸系のドリンクサーバーや、ウルカフェにあるコーヒーがいくらでも飲めるというもの。レジでお願いすれば、ティーバッグをもらうこともできました。アールグレイイングリッシュブレックファースト、グリーンティー、何かのハーブティーなどいくつか種類ありました。気分によって飲み物を変えられるのがいいところ。朝はコーヒー、暑い時間はダイエットコークをじゃぶじゃぶと・・・みたいな感じで利用しました。リゾート内はこのマグを持って歩いている人がたくさんいて、きっと欲しくなっちゃうと思います。

 

朝食の時間帯で、おいしかったのはベーグルサンドかな。サーモンとクリームチーズの定番のものをいただきました。注文してから作ってくれるので、トーストしたベーグルが香ばしくって最高。この時間帯は、朝食向きなドーナツなども店内に並んでいます。

 

ランチのおすすめは、ポケボール。まぐろのおさしみをアボカドや海藻と一緒にあえたものを乗せたどんぶりです。お米としょうゆが、和食に飢えた体に沁みるー。ミッキーシェイプのスパムむすびや、サラダなんかもあるので、あんまり重たいもの食べられないなとか、朝食で食べきれずに持って帰ってきたペストリーがまだあるなというときにも便利なウルカフェです。

 

ディナーの時間帯は、大きなピザと日替わりのディナープレートが用意されています。ディナープレートはこんな感じ。この日はお魚(多分サバ)のマカダミアナッツソースでした。マッシュポテトを2スクープと、お野菜もしっかり付いてくるので、ボリューム十分、栄養バランスも良いです。しょうゆやマヨネーズなどの調味料もあり、味が自分好みに調整できるのも、良いところ。

 

その他、スナックやポップコーン、カットフルーツやアイスクリームもあります。このミッキーの形のブラウニー、特に右側のマカダミアナッツ入りのもの、そばにいたお姉さんがめちゃめちゃ大興奮でおすすめしてくれたので食べてみましたが、確かに濃厚でおいしかったです。おやつにぜひ。

 

きっと次回来た時にも、ウルカフェに通っちゃうんだろうなぁ、、というくらい便利で楽しいお店です。写真見てたら、ポケボール食べたくなっちゃったな。

 

 

同じカテゴリーの記事一覧はこちら。

happiest-holidays.hatenablog.com

アウラニ2022(7. マカヒキ)

こんばんは、ねこたろうです。ゴールデンウイークのアウラニひとり旅。グリーティング以外はご飯を食べるか、のんびりと過ごすかといった贅沢時間な旅だったこともあり、あとはレストランのご紹介くらいしか書くことがないかなぁというのが正直なところ。まずは、メインダイニング(?)のマカヒキのお話です。

 

「え?マカヒキがメインダイニングでしたっけ?」という方。さすが。そうなんです、ビーチが見える素敵なレストランだった「アマアマ」はクローズ中で、しっかりしたディナーを食べるなら、マカヒキが第一候補になるという状況でした。以前はブッフェレストランだったマカヒキですが、朝はキャラクターブレックファーストとして3コースを、夜はキャラクターなしで3コースを提供しています。

 

こちらが、私が選択したディナーの3品。前菜はカフクコーンをつかったスープをたっぷりと。メインはニューヨークステーキ。赤身が中心で、アメリカでお肉食べてる!っていう気分が盛り上がるお料理でした。デザートはパイナップルコブラー。ココナッツのアイスが添えられて、最後までぬかりない。とにかく、たっぷり食べたなぁという記憶の3品でした。これで68ドル(税・サービス料抜き)なので、ボリューム的にもお値段的にも、毎晩行くのはつらいですねぇ。

 

キャラクターブレックファーストでいただいたのはこちら。ジュースとコーヒーまたは紅茶。それからかごに盛られたペストリーと、フルーツ。ここまでは共通メニューです。

 

メインは選択ができ、私は1回目はトラディショナルオムレツを。2回目はバターミルクパンケーキを注文しました。何度も書きますけど、もうボリュームがすごいすごい。とても食べきれなかったので、持ち帰り用のボックスをいただいて、ランチやおやつになりました。お値段は、45ドル(税・サービス料抜き)。キャラクターダイニングとしては相場なのかな?円安の今、日本円に換算すると叫びたくなるほど高額ですが・・・。

 

レストラン入り口でのミッキーとのグリーティング以外は、日によって登場するキャラクターは変わるようです。ブッフェコーナーでお料理をしているグーフィーや、フラを踊るミニーなど、日中のグリーティングとは違う様子のキャラクターたちに会えるのは魅力ですね。


ディズニーのリゾートに来たからには、やっぱりキャラクターダイニングは欠かせないな、と思いました。楽しかった!

 

 

同じカテゴリーの記事一覧はこちら。

happiest-holidays.hatenablog.com

アウラニ2022(6. フォトパス)

こんばんは、ねこたろうです。アウラニひとり旅の続き、今日はフォトパスのお話です。

 

カメラマンさんによる撮影サービスが、フォトパスです。たいていのキャラクターグリーティングにはカメラマンさんがいて、写真撮影をしてくれるんです。こちらがフォトパスカード。最初に撮影をしたときにもらえ、それを滞在中使うという感じです。

 

撮った写真は、客室のテレビやカードの裏側にあるURLにアクセスすると見ることができるようになっています。好きなものを選んで、プリントアウトしてもらってもよし、CDとして持ち帰ることもできます。今回は、4泊分でそれなりに枚数があったので、思い切ってPhotoPass + One weekという、1週間分の写真をすべてダウンロードできるパッケージを購入してみました。78ドルと、CDにしてもらうよりちょっと安いのです。

 

サイト上でお会計をしたあと、表示された期間に滞在していた日付がすべて含まれていることを確認して、Activateをクリック。これで写真がダウンロードできるようになりました。ちなみに、途中から、ディズニーランドリゾートのフォトパスサービスのURLに飛ばされますが、ちゃんとアウラニの写真がダウンロードできますのでご安心を。

 

フォトパスのカメラマンさんが撮ってくれる写真は、キャラクターと一緒に正面を向いた写真ばかりじゃないんです。こんな感じで、ハグしてもらっているところや、私が写真を撮っているところを撮ったものもあります。こういう写真って、後から見てほほえましいというか、楽しかった思い出がよみがえりますね。

 

ある程度滞在期間があった方、キャラクターとのグリーティングをがっつり楽しんだ方は特にお得感を感じられるサービスだと思います。ぜひお試しください!

 

同じカテゴリーの記事一覧はこちら。

happiest-holidays.hatenablog.com

アウラニ2022(5. キャラクターグリーティング)

こんばんは、ねこたろうです。アウラニの旅行記、続きです。日記のように毎日の行動を書こうかなとも思ったんですが、アウラニにいてやったことって、なにか食べるか、のんびりするか、キャラクターグリーティングしているか、くらいなんですよね。4泊あるのでアウラニ敷地外に遊びに行くこともあるかしらと思ってましたが、飽きずにほぼずーっとアウラニの中にいました。リゾートらしい過ごした方をしていると言ったら、そうなんですが。なので、日記のような旅行記ではなくトピックごとに記事を分け、ここではキャラクターグリーティングについて書いていこうと思います。

 

おそらく日本からのゲストが一番期待しているのがキャラクターグリーティングなんじゃないかと思います。4月中旬から、アウラニでもハグやサインが解禁されたというニュースを聞き、私も大いに期待していました。だって、そんなに近くに寄れるなんて久しぶりだもの。もちろん期待は裏切られることなく、とっても幸せな時間を過ごすことができました。滞在期間中のグリーティングスケジュールはこんな感じ。2019年滞在の時にはあった、夜のグリーティングとDVC(ディズニーバケーションクラブ)限定のグリーティングはなくなっていましたが、それでもちょっと忙しく感じるくらいのスケジュールでした。

 

4月30日
モアナ(場所不明) 9:30am, 10:30am
シェリーメイ(場所不明) 10:00am, 11:00am
ミッキー&プルート@コイポンド 12:45am, 1:45pm
ミニー@コイポンド 1:15pm, 2:15pm
グーフィー@カベレ・コーナー 12:30am, 1:30pm

 

5月1日
ドナルド&デイジー@エヴァタワー 12:30am, 1:30pm
ミニー&プルート@エヴァタワー 1:00pm, 2:00pm
ミッキー@マナワアイランド 1:45pm, 2:45pm
モアナ@マナワアイランド 9:30am, 10:45am, 12:15am
スティッチ@マナワアイランド 10:15am, 11:15am

キャラクター同士の距離が近いのも、なんだか久しぶりのことですよね。ドナルドとデイジーはどっちが一番か、じゃんけんで決めようとしてました。

 

5月2日
ミッキー&ミニー@エヴァタワー 12:30am, 1:30pm
プルート&マックス@エヴァタワー 1:00pm, 2:00pm
モアナ@マナワアイランド 10:45am, 11:45am, 12:45am
スティッチ@マナワアイランド 9:30am, 12:15am
グーフィー@カベレ・コーナー 12:45am, 1:45pm

ミッキーとミニーのいちゃいちゃも久しぶりに見た気がします。このお洋服はアウラニ10周年記念のものだとか。もしかして期間限定なのかな?

この組み合わせは珍しい。マックスとプルート。グーフィー父さんは、プールサイドのカベレコーナーが定位置です。

 

5月3日
ミッキー@エヴァタワー 12:30am, 1:30pm
プルート@エヴァタワー 1:00pm, 2:00pm
モアナ@マナワアイランド 10:30am, 1:15pm
ミニー@マナワアイランド 10:00am, 11:00am
シェリーメイ@ハラヴァイ・ローン 2:15pm, 3:15pm
チップ&デール@ハラヴァイ・ローン 11:15am, 12:15am, 1:45pm
グーフィー@カベレ・コーナー 12:45am, 1:45pm

首に着けている名札を見せて、とお願いしたら見せてくれたプルート。

チップとデールのわちゃわちゃは相変わらず。なので写真はぶれてます。

後ろも見せてとお願いしたら、ボディービルダーのような写真になってしまったシェリーメイちゃん。ごめん。

 

5月4日
ミッキー&プルート@エヴァタワー 12:30am, 1:30pm
ダッフィー@エヴァタワー 1:00pm, 2:00pm
モアナ@マナワアイランド 10:30am, 1:30pm
ミニー@マナワアイランド 10:00am, 11:00am
オルメル@マナワアイランド 2:00pm, 3:00pm
スティッチ&エンジェル@ハラヴァイ・ローン 2:00pm, 3:00pm
グーフィー@カベレ・コーナー 12:45am, 1:45pm

この日はチェックアウトしてワイキキ移動だったので、ほとんどグリーティングには参加できず。ダッフィーは特にレアだそうで、ほかのゲスト曰く、10日間いて初めてだとのこと。もしかして全キャラと会うには、1週間いても足りないんじゃないか??うーん、次回はワイキキ滞在なしでアウラニにずっといようかな。

 

グリーティングのスケジュールは、毎朝トゥーンファインダーという内線番号にかけると知ることができます。英語2447、朝8時から 。日本語2427、朝9時から。アウラニリゾートアプリにも朝8時くらいに掲載されます。以前は紙で配られていたデイリーイヴァはなくなりましたので、ほかのアクティビティスケジュールを知るのにもこのアプリはあったほうが便利です。あとは客室のテレビから、デイリーアクティビティのなかのひとつとして見ることができました。

www.disneyaulani.com

 

日本のミートミッキーのような、写真はグループで1枚、といった制限はありませんが、節度は守りたいですね。キャラクターだけの写真を撮って、ムービーも撮って、一緒に撮って、サインももらって、、と、できないことはないですが、みんなキャラクターたちに会いたくて並んで待っているということをお忘れなく。と、わざわざ書くのは、キャラクターたちを独占しまくっている日本人の方がいらっしゃったので・・・。多くの場合はフォトパスのカメラマンさんがいましたので、キャラクターと一緒に写ったものはフォトパスさんにお任せしちゃうのもいいかも。

 

次回の記事では、フォトパスについてもうちょっと詳しく書きたいと思います。では。

 

同じカテゴリーの記事一覧はこちら。

happiest-holidays.hatenablog.com

 

アウラニ2022(4. チェックイン&お部屋紹介)

こんばんは、ねこたろうです。2022年ゴールデンウイークのアウラニ・ディズニーリゾート&スパへの旅、ようやく本編と言っていいのかな、アウラニ到着後のお話に入ります。今日はチェックイン日の様子と、お部屋のご紹介です。

 

ホノルルの空港に到着し、Hele Hele Shuttleにてアウラニに移動してきました。大きなバンに乗客は私ひとり・・・。ハワイはにぎわっているといっても、飛行機の便数そのものが少なくなっているのでしょうがないのかもしれないですね。そしてちょっと残念だったのが、以前はエントランスにあったフルーツウォーターがなくなっていたこと。ここの台に、輪切りのオレンジやグレープフルーツで作ったミッキー入りのお水が置いてあったんですよー。さみしい。コロナ禍におけるサービス変更はこれ以外にもたくさんあったので、追々ご紹介していきます。

 

とはいえ、やっぱりこの解放感は変わらず。ようやくアウラニに来たよ!

 

そしてまずはチェックインカウンターにて手続きです。こちらの写真は、後日、夜撮ったものなので周りが暗いですが、このグラデーションがとってもかわいいの。あらかじめアプリからオンラインチェックインをして、クレジットカード情報登録など済ませていたこともあり、ここでは大した手続きはなく、パスポートを提出しておしまいでした。

 

前回は確かすぐに部屋に入れたと思うんですが、今回はまだ準備ができていないとのこと。でも、部屋はパーシャルオーシャンビューからオーシャンビューにアップグレードするわ、ですって。ちょうどディズニークルーズラインが到着する週で、とっても混んでいる、忙しいのよ、とキャストの方が教えてくれました。ルームキーはその場でもらい、部屋が準備できたらメールでお知らせしてくれるそうです。特にお祝いでもなんでもないんですが、なぜか缶バッチを3ついただきました。なんでだろう。ここでは日本語が話せるキャストの方も見かけました。何かあった時にも安心ですね。

 

かさばる荷物はベルデスクにあずかってもらい、アウラニでの一日をはじめましょう。アプリでグリーティングの時間を見られるようになったのは便利な変更点。さっそくミッキーたちにご挨拶してまわりました。4月中旬から、アウラニもハグやサインが解禁になってまして、わーーっと駆け寄って抱きついちゃった。会いたかったよ、ミッキー!

 

まだお部屋には入れませんが、ルームチャージでの支払いもできました。ということで、ウルカフェでランチ。

 

2:00pmを過ぎたころ、お部屋が用意できたよ、部屋番号はこれだよ、というメールが届きました。食後で眠くなってたからちょうどよかった。すぐにお部屋に向かいます。

 

ということで、私が泊まったお部屋はこちら。隠れミッキー付きのベッドスローがなく、タオルアートもなく、こざっぱりしちゃってます・・・。さみしい。アメニティは変化なしのようでよかったけど。

 

でも窓を開けてこの景色を見たら、文句も吹き飛びました!青い空と青い海!見下ろすとプールが見えて、最高の眺め。夜はオレロルームの生演奏を聴きながら、風に当たって過ごす。このラナイ(ベランダ)が滞在中のお気に入りの場所になりました。お部屋のアップグレードありがとうございます。

 

ちなみに、お部屋到着後ベルデスクに電話をすれば、預けていた大きな荷物を運んできてもらえます。ちょっと荷物を整理して、さっそくベッドにごろりで、お昼寝タイム。最強に幸せなアウラニでのバケーション、はじまりました。

 

同じカテゴリーの記事一覧はこちら。

happiest-holidays.hatenablog.com

アウラニ2022(3. 準備編)

こんばんは、ねこたろうです。2022年ゴールデンウイークのアウラニの旅、今回は渡航までの準備についてです。入国や出国の手続きに必要なものは、前回・前々回の記事にて紹介しましたので、今回はそれ以外の部分について書いていきます。

 

飛行機:日本航空 成田ーホノルル:特典航空券

今回の飛行機は特典航空券を利用しました。コロナ禍中、使わずに(使えずに)溜まっていたマイルをここでドーンと放出。ご存知の方も多いかと思いますが、日本航空の特典航空券は、必要マイルが変動制になっていて、多くマイルを出すことで以前だったら空席がないような便でも特典航空券の予約が取れるようになっています。基本マイルは往復で40000マイルのところ、今回は93000マイル出して予約しました。冷静に考えれば倍以上のマイル数出すほどかねぇという感じはありますけど、どうしても行きたかった+残りマイルに余裕があったので、勢いで決めてしまった感じ。ちなみに予約したのは3月の下旬で、その時座席指定をしたら空席だらけだったのに、当日搭乗してみたら(おそらく)満席となっていました。

 

ホテル:最初の4泊:ディズニー・アウラニ・リゾート&スパ パーシャルオーシャンビュー:2598.12ドル

ホテル:後半の2泊:ハイアットセントリック・ワイキキビーチ:83750円

ホテル代も高かったなぁ。ハワイがアメリカ本土の人たちでにぎわっていることと、強烈な円安が影響していると思います。はじめはアウラニだけでのんびりしようかとも思っていましたが、連続して6泊は予約が取れず、前半4泊はアウラニ、後半2泊はワイキキのハイアットセントリックにしました。PCR検査が受けられるところがアウラニ周辺で見つからなかったから、結果的にこの日程で良かったんですけどね。アウラニは本当に混雑していて、パーシャルオーシャンビューしか空きがなく、です。あいていれば前回のプールサイドガーデンビューにしてたと思います。

 

空港からアウラニへの移動:Hele Hele Shuttle:24ドル

アウラニ行きはこのサイトが安かったので、こちらにしました。

www.heleheleshuttle.com

 

アウラニからホノルルへの移動:予約せず

アウラニで呼んでもらったチャーリーズタクシーを利用しました。メーター料金は取られず、定額料金を適用してくれて、100ドルくらいだったかな。ありがたや。

 

ホノルルから空港への移動:ロバーツハワイ:24.15ドル

帰りはおなじみのロバーツハワイで。

www.airportshuttlehawaii.com

 

旅行傷害保険:エイチエス損保:4630円

普段はクレジットカード付帯の保険だけで済ませていますが、今回もし現地でコロナウイルスにかかって入院したり、日本入国できずにハワイ滞在が伸びたりしたらいやだなぁと思い、旅行傷害保険をかけていきました。何事もなくてよかった。

 

旅行って、準備から楽しいんですよね。ようやくこの時がきて、本当に良かったとしみじみ思いながらの準備期間でした。

 

 

同じカテゴリーの記事一覧はこちら。

happiest-holidays.hatenablog.com

 

アウラニ2022(2. 日本入国の手続き)

こんばんは、ねこたろうです。無事に、アウラニ&ホノルルの旅から帰ってきました。とっても楽しかった旅の思い出を書いていきたいところではありますが、まずは忘れないうちに日本入国の手続きの話から、書きたいと思います。2022年5月7日時点の様子です。

まずは陰性証明書です。日本入国に必要なのは、出国前72時間以内の検査結果。アウラニ近隣では検査施設が見つけられなかったこともあり、旅程そのものを最初にアウラニ4泊、その後ホノルルに2泊で準備しました。アウラニからホノルルに移動した日の午後に、検査施設へ向かいます。

https://jp.robertshawaii.com/oahu/pcr-testing/

ホノルルでの滞在ホテルから歩いていける距離だったこと、料金も良心的(一番安いというわけではないけど、バカ高くもない)だったことが決め手かな。12時間以内に検査結果が届くという、鼻腔の通常検査で、$140.00+ハワイ州税でした。自分で鼻に綿棒を入れる検査で苦しさも少なく、日本語で全部説明してもらえるのもとてもよかったです。結果はメールで届きました。

もう一つの準備は、MySOSというアプリのダウンロード。日本入国時の検疫手続きに必要なものを事前登録できるアプリです。この事前登録のことをファストトラックと呼ぶ様子。
https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/

しかしですね、こちらは何だかもう、ツッコミどころ満載でして、、、。Google playに同じ名前のアプリがあるんですが、そちらからダウンロードしてはだめなんです。上記の厚労省のリンクからダウンロードして、手順通りに登録していかないと、血圧管理などのただの健康管理ツールアプリになっちゃうんですよ。何度も失敗しまして、ようやくインストールと初期設定完了。ワクチン接種証明書は、例のデジタル庁アプリのQRコードは受け付けず(いや、そこ連携してほしい)、接種証明アプリの画面をスクショして、3枚の写真ファイルをアップロードして完了。検査結果の陰性証明書はPDFファイルではだめなんだそうで、こちらもスクショをアップロード。いやぁ、これはなんとも、、、こんなに使いにくいアプリだと、上手くできない人もいるんじゃないかなぁと思いました。コロナウイルス検査センターのお姉さんが、いろいろ書かれた説明書をくれたのは、きっと質問が多いからなんでしょうね。全ての事前登録が終わると画面が緑色になりまして、やれやれと思った次第です。

そして、ハワイから日本への移動日。搭乗手続きでは、この緑色になった画面の確認がありました。搭乗時はこれでおわり。日本到着してからが大変で、なかなか長い時間かかりました。フライト後の体にはしんどいし、この後の国内移動の予約に間に合わないとか、何でこんなに手続きがあるんだとか、機嫌が悪くなる人も続出で、周りの子どもたちはギャン泣きするか飽きて走り回るかだし、正直疲れちゃいました。手続き内容と時刻をメモしてありましたので、ちょっと加筆して載せます。

15:57 駐機場到着。乗り継ぎの人から降機開始
16:05 入国の人も降機開始
サテライトまで歩いて移動。途中から行列。なかなか進まない
16:36 パスポートスキャンして検査キット受け取り。パスポートの背表紙にバーコードと検査キットの番号が書かれたシールが貼られる
16:40 唾液出しコーナー。Imagine...と書かれたレモンと梅干しの写真で笑う
16:43 検体提出
16:44 ここでファストトラックとそうでない人が別の列へ誘導される
16:47 MySOSのQRコードスキャン、健康カードというものが渡される(体調が良ければ何も書くところはない)
16:57 健康カードに係員がなにやら書き込み
17:00 健康カードチェック。なぜまた健康カードをだすのかな、さっきの係員だけでは不十分なのかな、わからない
待機場所へ移動。
17:04 座席受付。待機するイスの番号を指定される。以前は出発のときサテライトに向かう通路だったところににパイプ椅子が並んでいる。ここでようやくトイレと飲み物の自動販売機を見つける
延々と待つ。番号は一度しか放送されないので、放送を真剣に聞くが、なかなか呼ばれない。スマホの電池残量がなくなりつつあるが充電できそうなところがなくて、ドキドキする
18:25 ようやく番号呼ばれる
18:29 検査結果確認コーナーでパスポートを提出、MySOSは求められず(だからスマホの電池残量を気にする必要はなかったと判明)。検査結果を聞く。陰性と書かれた赤い紙をもらう
18:39 通常の入国審査、税関経て到着ロビーに。やっと開放された!

お伝えできる教訓としては、飛行機を降りる前にトイレは済ませておくこと、スマホの充電は十分に、結構歩くから体力残しておけ、ですかね。また同じ検疫手続きが必要なのだとしたら、海外旅行するのも躊躇しちゃうなぁ。これを乗り越えたゴールデンウイーク海外旅行組のみなさん、お疲れさまでした。こんなの係員のみなさんも大変でしょうね、お疲れさまです。


同じカテゴリーの記事一覧はこちら。
To blogs of the same category.
happiest-holidays.hatenablog.com